2015年6月16日火曜日

Kladenské dvorky






アート好きな友人のおかげで2日間めいいぱい作品をみました。
彼女がいなかったら絶対3時間みて終了だっただろうな と思います 笑
オープニングパーティでこの33年前にこの展示を始めた彫刻家の名前が新しく広場の名前になりました。もう亡くなってしまった彼の作品と広場のネームプレートが公開されたときは、涙腺がゆるみました。友人も泣いていて、ここで泣けるのはそうとう私と近い気持ちでチェコに住んでるな?!と驚きました。
今度は庭ごと取り込むような作品、観覧者にも参加してもらえる作品を出品してみたいと思いました。

立て続けに2つの展示が終わり、、もう当分展示がお休みという気持ちです 笑
休息と制作の夏にしようと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿