2014年5月23日金曜日

ついに!


ついに私の彫刻の心臓がLidiceの町に運ばれました。
上の写真は鳥です。これはついでに私の町に運んでもらいました。今家の横にあります 笑

なぜか大学が運搬費用を負担してくれました。なぜだかわからないけどほんとありがたいです。ちょっとおおげさすぎるでかいトラックはさすがヨーロッパです。
私は大学の石の先生にいつスリングが切れても大丈夫なように常に安全な場所や安全な動きで作業しろって言われてきてまして・・・
アレッシュと作業してくれている男性の動きは怖くて怖くて見てられませんでした。。。
今もしスリングが切れたら・・というのも切れる時はあっというまなのです。
私も一度みたことがありますが、まだ使えそうなスリングでもやっぱり切れる時は切れます。ましてやいかにもきれそうな使い込んだスリングでした。は~~思い出しても怖いです。

久しぶりに大きな石の移動を見てどきどきしました。でもなんかそのどきどきはお祭りのようなもので、気分が高揚する、わるくないものです。
来週はオープニングパーティーだそうです。楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿