2014年1月19日日曜日

hlyboká.






 いつものように長い坂道をのぼってお城の正面に来て、
あっここ二度目だと思いました。
アトリエの教授の誕生日旅行で行ったチェスキークロムロフのついでによった場所でした。でも今回は中もきちんと見学しました。
どうやらここは日本でいう侍の城らしいです。この一族は狩が趣味らしく、おそろしいほどの剥製やら、血なまぐさい動物の絵画や、拳銃のコレクションが飾られていました。趣味がいいかどうかはわからない内装も多くありましたが、なかなか豪華でみごたえのあるお城でした。
100年ほど前に建てられたもので、イングランドのお城の雰囲気で作ったそうです。だからなんだかハリーポッターみたいですよね。
日本もきっとそうですが、いい景色や建物をみるときは必ず上に上らなきゃいけないのは鉄則ですかね。。でも確かにすごい景色でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿