2013年7月3日水曜日

不法投棄 in わが町





 私の達の町のある通りが不法投棄でえらいことになってます。もはや通りとはいえないほどです。
アレッシュ曰くエジプトって言ってました。
一度は市が掃除をしたし、警察も不法投棄者をキャッチしたのですが、ゴミを捨ててるのではなく、反対に掃除してるのだといいはって、エンド。
この弱い、情けない警察。市も一度大掛かりな掃除をしたけど、またその後不法投棄がはじまって、、、それからは見てみるふりをしています。
このむかつきをなんとかアート使って解決できないかと考え、いろいろ計画を練っていました。

今日は何きなしに買い物帰りにその通りを通りました。
なんと!ある業者がゴミを捨てている最中でした。
3人の若い男、
会社の名前の入ったトラック。

じろじろと見て、最後にその車とわるい人達の写真を撮って帰ってきました。
本当にどなりつけたかったし、注意したかった・・でもやっぱりこの通りはもはや通りではなく、
人っ子一人いないのが日常です。怖くてできませんでした。写真撮るのも怖かった・・

でももう見てしまった以上は何もしないわけにはいかないです。
怒りがおさまらない
どうしたらいいか
警察も市もたよりにならない なんだここは。。


私が考えたのは町の友人みんなにまずはその通りを利用する。明日からスタート。
ゴミに溢れかえった道などだれも通りたくないし、通る必要もないけど、その通りを使うことで
わるい人達が不法投棄をしずらくさせる。。もっときちんとしたことはみんなで話し合ってするとして、まずは明日にでもくるわるい人達を阻止するための対策。

アレッシュが考えたのはエンジョイ。
ゴミの不法投棄者の写真のコンペティション。
沢山わるい人を撮った人に賞を。
年末にうちの画廊でその写真の展覧会。


どうにもこうにもゆるせないのでアートをつかい、かしこい人達に協力してもらって、
どうしようもない 市や警察を動かすしかない

あ~ほんとむかついた。。

でも今日はがんばって御影石彫りました。毎日低いハードルを越えることはいいことです。






0 件のコメント:

コメントを投稿