2013年7月1日月曜日

巨大変圧器。日本→チェコ



 大学のアトリエで制作していた頃、のみで彫った御影石がびゅんびゅん飛んでガラス窓にあたることは日常とうか、毎回です。一度も割れたとこを見たことがなかったので、今もガン!って当たっても、まさか割れるとは思ってません。でもちょっと傷がついているような気がせんでもない・・・
昨日は小さい破片がアゴに飛んできて 切れたかな・・・ よかった切れてませんでした。
でも目の中には入ってきて、またそれがやっぱり御影だから鋭いのです。こういうのも毎回のことなのではやくなれなければいけませぬ。

写真下 は日本の工具をチェコで使えるための変圧器です。これ自体がおそろしく重たい!
本当は全ての変圧を自由にチェンジできるスペシャルなものでしたが、壊れて放置されていました。それを義理の父とその同僚の方が100ワット→チェコのワット専用につくりかえてくれました。
これで恩師からの激励グラインダーも恐怖心に打ち勝てなかったために死ぬ気で買ったボッシュの巨大ドリルも何もかも、使えます。今度日本に帰った時はロックミシンなどももってこようかと思います。
今日は黒御影ショックで1日寝てました 

0 件のコメント:

コメントを投稿