2013年4月30日火曜日

庭の花々。











 日本とはちょっとちがった花をみつけるとうれしいです。
動物や植物に愛をもてない私ですが、チェコのママからもらった、どうやったって枯れない植物が枯れかけているのをみて・・・心入れかえました。
土も森からもってきて、一つ一つ根が土の下にいくように埋めました。自分の庭だと思い、気持ちをこめて接する とここに書くことで、それを実行できますよ~に。。。

月食。

楽しみにしていた月食はほんの少し左頭が欠ける程度で終わりました。
でもこの大きな赤い満月がみれました。
みんなで見た日食を思い出します。たのしかったな~~

Buštěhradské Listy.Marek Šukubal výstava.



http://bustegalerie.blogspot.cz/2012/12/bustehradske-listy.html

第三弾のマレックの展示について町の新聞はこんな感じに紹介してくれました 笑
気合の十日町紬を着てよかったです。ふるさとのかあちゃんよろこぶだろうな



樋口弓弦 書道展 Yuzuru Higuchi Výstava a Ukázka japonské Kaligrafie vBuštěgalerie.


樋口弓弦 書道展
5月12日日曜17時からオープニングです!

http://bustegalerie.blogspot.cz/


Buštěgalerie HP.

BuštěgalerieのHPができました。

Buštěgalerie HP

http://sky.geocities.jp/bustegalerie/index.html

2013年4月26日金曜日

ユネスコ登録のDUPとビバー。






 とても不思議な場所でした。
小さな川のふもとにはでかい木。その上をのぼるとすぐぎりぎりに池があり、またのぼるとまた同じように池がありました。たくさんの水のある町で昔ここの王がふもとで洗濯をしている美しい村の娘に一目惚れをしてお妃にしたそうです。
この池は完全に透き通っているわけではないですが、そこまで見えるほどきれいな水でした。。
そして一瞬のことでした。池の底をビーバーのようなまるまる太った生き物が泳いでいきました!
しっぽや顔は見えませんでしたが、かわいい足がありました。この日は飛んでいる白鳥をみたりと
とってもドキッとするいい日でした。長い首の白鳥が飛ぶ姿も異様でいいもんです。

2013年4月23日火曜日

天使。








 小さい頃にいちゃんの伝記の漫画にあったダビンチの物語。まだ少年だった彼が師匠の手伝いで描いた天使の絵。その頃私は人魚の銅像の写真をみても、銅像という漢字がよめなかったため、本物だと思ってたころです。こわいときれい、うそとほんと。みたいな気持ちで天使の絵を見ました。あんまりすごかったので本当に天使はいるんだ・・・いたんだ・・・っと思っていました。

 チェコの小さな町の教会は費用の関係でなかなか修復されず、ぼろっとなっているところが多いです。が、多くのこういった教会で出会う彫刻や絵画、教会そのものはなにかしらいいものがあります。昨日出会った天使はあと何年かで崖におっこちてしまう天使です。名も無きコバージュのお墓。きっと彼に鉄のみを作ってもらった彫刻家が作った天使なのだろうと思います。
そんな風に残っていく、なくなっていく作品ができたらいいな

チェコ版 ストーンヘンジ





 日曜はいい天気だったのでドライブの旅にでかけました。
なんとストーンヘンジとほぼ同じくらいの時期からある石がチェコにもありました。この石の下に土台となっている石もあり、わざわざ土台を作って、ここまで石をもってきて立てたようです。
この石とこの場所にはなにかあるのでしょうね・・・・


2013年4月21日日曜日

チェコで東京弁、三重弁。


チェコで唯一の日本人の友人に8ヶ月ぶりに会いました。
久しぶりだったので緊張してたのか、好かれたい一心で?ほぼしもねたトークでした 笑
神奈川の都会っ子に対して三重弁が止まらず、、恥ずかしかったです。やめたいけど東京弁で話すとうまく話せないので結局あ~~~~と思いながらずっと三重弁。。東京弁と比較してしまうので、よけいに三重弁が野性的な感じで・・・・・・  っ仕方ない。

教会の横にある素敵なレストランでカマンベールチーズのオーブン焼きにブルーベリーソース。うますぎでした。さっそくまねしなくては。

2013年4月20日土曜日

石の制作。






 ついに本格的に石の制作を開始しました。でかい砂岩三つです。他の生徒はは小さ目の石を一つ選んでいたので、私の選んだ石を見て、多すぎないか?でかいだろっ?と言われました 笑あと1年もあれば余裕で彫れるはずなのですが、なんせチェコなので4月5月と制作できますが、すぐに夏休みに入り、学校は閉まってしまいます。次の秋となると10月11月くらいまでならなんとか外で制作可能かな・・・
そう考えるとぎりぎり完成するかどうかといった感じです。とにかく今学期終りまでに雨の日以外はずっと外にいることになります。    そしてまたしても、なんでこんなでかい石にしたのかって、少し後悔(私のばか)。もっと小さい石にしたら、家にももって帰れるし、その後展示もして販売も可能なのに・・・ばかばか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!
ということでなんとしてでもこの巨大な石3つの作品を誰かに買ってもらうというでかい目標をたてて、残りの学生生活をします!

2013年4月17日水曜日

天日干し。



 すっごくいい天気 22度はあったと思います。
布団や毛布、コートなど洗ったり干したりと忙しい1日でした。
今は夜8時半に暗くなります。夏になると10時になるとやっと暗くなります。
冬は長く夏は短いですが、日中は長いのでほんとうれしいです。
今日は昼も夜もテラスで食事しました。その後外でビール。
あったかいってすばらしい

2013年4月16日火曜日

チェコで日本人がチェコ人と同じ保険に入る編2

場所: V.Z.Pというチェコで一番大きな保険会社

必要書類
 
パスポート
Průkaz o Pobytu(在住証明)
会社を作ったの証明書
税金をこれから払うという証明書(これは税務署で手続きをする。2週間ほどかかります。)

2週間後に保険のカードが自宅に届きます。





チェコで日本人がチェコ人と同じ保険に入る(そのために会社を作る)編。

1、チェコで保険に入る

  チェコでは例え結婚して旦那がチェコ人であっても2年間は外国人扱いです。入れる保険も外国人向けの保険です。普通のチェコ人は無制限ですが、これは500万円までと制限があり、子供を産む事もできません。でもほとんどの外国人は
これしか選択できないので危ないですが、この保険で2年間生活します。

ラッキーなことに日本人とチェコは仲良しなので日本人とその他数国のみ、仕事を持つ(すでにチェコで働いている人は問題なく普通の保険に入れます)、あるいは会社を作ることで普通の保険に入れることになったそうです。しかもその会社は利益がなくても良いそうです。

なのでまともな保険に入るために、チェコ語の話せない日本人がチェコの会社で働くのは無理なので、まず自分の会社を作ることからスタートです。

場所:プラハまたは住んでいる町付近の大きい町の市役所

必要書類

パスポート
Průkaz o Pobytu(在住証明で見た目はパスポート)
1000コルン
書類(どんな会社か、何を売るかなどを記入。)

日本での無罪犯罪証明書(これは問い合わせ2回、直接対応した人含め3人が間違っていましたが、これはチェコ人と結婚した人は必要ない書類です。)

10日から2週間後に自宅に許可書が届きます。

保険、年金、銀行、完了!



 昨日は無事に保険の支払いを終え、チェコ入り9ヶ月目にして、普通の保険に入ることができました。これでどんな事故も病気もかかってこいです。私名義の銀行口座も作り、さっそく年金と保険を自動引き落としにしました。チェコで暮らそうと思うと保険と年金で月々約2万円払います。私の今の奨学金は半分なくなります。。。いつかぜったいチェコで1コルンでもかせいでやります

2013年4月14日日曜日

5月展示。




 5月の展示は樋口弓弦(ゆずる)さんの書道の展示です。過去の経験から普通郵便で20枚、できるだけ早く送ってもらいました。8日かかり普通に届きました。彼女が日展に入選した時のポストカードをそのままDMに使っていてとても上等な仕上がりでした。ポストカードからでもうかがえる、人の技とは思えない作品に今からとっても楽しみです。みないと損します


2013年4月13日土曜日

はっぴいパイ包み。


 パイの生地を使ってなんとか包みみたいなのを作りました。げきうまでした。。
ひき肉とにんにく、玉ねぎ、人参を炒め、砂糖、赤味噌、コチュジャンでしっかり味を付け、仕上げにラー油でいい香り。
さて今年も明るく元気にそふとに。

2013年4月8日月曜日

春。


 さて、腰もだんだんよくなってきました。日本と一緒で医者にいってもたいしたことしてもらえないので、家でしっかり安静が第一のようです。よかった~また学校へ行って制作できそうです。今日は保険がきれているので家でゆったりとしてますが、外はいい天気!なんと8度!やった~~~
朝はマイナスだったけどこのままいい感じに春になってくれるといいです。

そしていいこと一つ。また秋に神戸で制作ができることとなりました。またお手伝い役割ですが神戸の街にいけると思うととってもうれしいです。

P+P KOBYLKA GALERIE.






 金曜は久しぶりにお世話になったコビルカさんからメールがはいり展示の紹介でした。どんな展示かは聞かされず、ただ来いとだけ・・
行ってなるほど、どうやら有名な画家さんの展示だったようです。彼はイタリアやアメリカなど沢山の国で個展を開催してきたようです。大学は今私の行っている大学の卒業生です。当時は絵といえばここしかなかったので今よりもっとすごい競争率だったことでしょう・・
オープニングにはチェコの楽器(なんていう名前かわかりませんが)が登場し、より素敵な場になりました。

さて私は昨日で保険は切れましたが、昨日は調子に乗って保険最後の日ということで、思いっきり薪拾いをエンジョイしていたところ。。。薪を折るのに、くっと腰に力を入れすぎ、そのまま倒れてました。
前の時の3倍の鈍痛です。今日から保険に入れる日までは家で安静です。おばあちゃんになった気分。がんばれ私。


2013年4月6日土曜日

死んだ鳥、死んだ男。






 どうやってもなかなかかてそうにない
年金も保険も税務署も最低最悪。君らの不正確な不誠実な仕事のせいで私はあさってから保険なしの生活です。できるだけ早く普通の生活がくることを祈ります。
死んだ気で生活しているので全部もんだいなく、下の国々を常に見続け、まだましと思いなおす作業をします。
どうやってもこみゅにすとせいしん と べじたりあん と 動物をあいるすこころ とあと2つ にはかてません。