2012年12月17日月曜日

陶器の扱い方。




 陶器の扱いかたを友人が来てからはじめておぼえました。多分ほとんどの人が知らないのではと思います。(友人も陶芸家になる前は知りませんでしたから)
磁器(日常で使う白くて硬い器)ではない普通の粘土の陶器は使った後、戸棚などに収納したい場合は必ず1日くらいは乾燥させないといけません。カビの原因になるからです。私は日本の実家でも高台の部分にカビを作ってしまっていました。でもヨーロッパは乾燥しているから、きちんとふけば大丈夫!と思っていましたが、大きな間違いで、湯のみを4つほどだめにしてしまいました。涙 でも友人曰く、もう一度窯でやけばカビもとれるそう・・・よかった
食器洗浄器も使うと粘土の中に洗剤が入ってしまい、とてもよくないそう・・。

 嫁入り道具に母から受け継いだ抹茶道具、同僚のおばあさんから受け継いだ湯のみたち、お茶の先生のお母さんもつ友人からをのお祝いに抹茶茶碗、伊賀のもと体育教員だった方のから購入した急須、お茶碗、そして陶芸家の友人からいただいたたくさんのお皿たち。大事にきちんと乾燥させて長生きさせて使っていきたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿